top of page

【試行数千回!】ChatGPTヘビーユーザーによる、理想の回答を得るための3つのポイント



概要

「生成AIで成果を出す秘訣」とは、ビジネスでChatGPTを有効に活用するために、GPTsとは何かを深く理解し、それをどのように活用するかが不可欠です。特に以下の3つのポイントが重要となります。


  • タスクを適切な単位に分割する


  • プロンプトとGPTs Knowledgeを組み合わせる


  • トライアンドエラーを繰り返す


 

ポイント1:

タスクを適切な単位に分割する

ChatGPTは、複雑なタスクを一度に処理するには適していません。そのため、タスクを適切な単位に分割し、それぞれを個別のプロンプトとして扱うことが重要です。分割する際の考慮点は以下の通りです。


  • アウトプットの量: 一つのプロンプトで生成される情報量が多いと、処理速度や精度に悪影響を及ぼすことがあります。ChatGPTが回答を停止する現象も、情報量の多さに起因することがあります。


  • プロンプトの複雑さ: プロンプトが過度に複雑になると、ChatGPTが適切に処理できなくなる可能性があります。現在のGPUの処理速度では、簡潔で明瞭なプロンプトを与えることが、パフォーマンスの最適化に繋がります。


  • 人間による意思決定の必要性: 人間の介入が必要な場合、プロンプトを分割し段階的に処理する必要があります。完全な自動化は難しく、最終的な精度は70%~90%程度が現実的です。



ポイント2:

プロンプトとGPTs Knowledgeの調整

GPTsを有効に活用するための基礎には、プロンプトと既存の知識(Knowledge)の組み合わせが含まれます。KnowledgeにはGPTsに学ばせる自社製品のデータやノウハウなどが含まれます。プロンプトを設計する際には、GPTsが提供する豊富な情報を活用し、それを具体的なタスクに適用する方法を模索する必要があります。これには、目的に応じた知識の選択とプロンプトの精緻な調整が求められます。


ポイント3:

トライアンドエラーを繰り返す

ChatGPTは魔法のツールではなく、理想的な回答を得るにはトライアンドエラーのプロセスが必要です。


  • プロンプトの調整: 意図した回答が得られない場合、プロンプトを調整して再試行します。


  • アウトプットの修正: 生成された回答に手を加えてアウトプットを最適化します。


  • 別の生成AIの試用: ChatGPT以外にも多様な生成AIが存在します。代表されるのはgoogle geminiやClaudeなどです。異なるAIを試すことで、理想に近い回答を見つけ出す可能性があります。


 

まとめ

ChatGPTを適切に活用することで、業務効率化や創造性の向上に大きく貢献することができます。上記の3つのポイントは、ChatGPTの潜在能力を最大限に引き出すための基本的なガイドラインとして重要です。これらのポイントを実践することで、ChatGPTを使いこなし、ビジネスにおける課題解決やアイデア生成のプロセスを革新することが可能です。


ChatGPTに代表される生成AI技術は日々進化しており、業務プロセスに確実に組み込まれています。このブログを読んでいる方々がGPTsの活用に興味を持っていることは明らかですが、最も重要なのは、自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めることです。生成AIを自社のニーズに合わせてカスタマイズするためには、適切なデータが不可欠です。データがなければ、いわゆる「Garbage In Garbage Out」の状態に陥ってしまいます。社内のデータをAIが自動で整理してくれると期待するのは早計であり、そのような時代はまだ訪れていません。DXが進んでいないと、成功した企業とそうでない企業との間に大きな差が出てしまうことは間違いありません。したがって、DXに関する知識も深め、積極的に取り組んでいただきたいと思います。


LUBIXのコンサルタントとして、私はこれらのポイントを日々の業務に取り入れることで、クライアントに対してより効果的なソリューションを提供できています。特に、タスクの適切な分割とプロンプトの精緻な調整は、ChatGPTのパフォーマンスを最適化する上で欠かせない要素です。さらに、トライアンドエラーを恐れず、柔軟にアプローチを変更することが、理想的な結果を得るための鍵となります。


生成AIという強力なツールを最大限に活かし、業務の質を高めるためには、GPTsの深い理解と実践的な使用方法を身につけることが必要です。ChatGPTを用いた業務の革新は、技術をどのように活用するかによって大きく変わります。このブログが、ChatGPTをより効果的に使用するための一助となり、同時にDXの重要性についても考えるきっかけになれば幸いです。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page