top of page

株式会社ルービックスが切り開く、ChatGPTを活用したDXの新時代



日本におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の未開地を切り開く

日本ではまだ十分に活用されていない「ChatGPT」という言語モデル。株式会社ルービックスは、この最先端のAI技術を活用し、中小企業から大手企業まで幅広くDXを推進しています。今日は、その中から特に注目を集める事例をご紹介します。


海外AIサービスを駆使した画期的な事例

当社が手掛けた事例では、コールセンターのAI導入があります。海外の生成AIサービスを用いて、音声データをテキスト化しました。このサービスは、驚異的な99%以上の精度で90カ国語に対応しており、企業が持つ音声データを有効活用する新たなビジネスチャンスを創出しています。


ChatGPTによる要約作業の革命

テキスト化されたデータは、次に「GPT4」を活用して要約されます。日本でもその精度と便利さが認知されている「チャットGPT」は、既に多くのビジネスシーンで活用されているのです。他にもgoogle Bardや、Claudeなど大規模言語モデル(LLM)も候補になります。


マニュアルとプロンプト設計の重要性

成功への鍵は、自社専用のマニュアルと効果的なプロンプト設計にあります。「チャットgpt 日本語」と英語の両言語で動作するマニュアルを作成し、AIの精度を日々追跡することが重要です。UIとしてはGPTsやDocsBotAIなどを活用すると柔軟かつスピーディーに利用環境を構築できます。


導入にあたっての注意点

DX導入は簡単ではありません。設計はできても運用に乗り遅れる企業は多いです。その原因としては、DXの定義の誤解や組織の準備不足があります。「チャットGPTとは」何か、「生成AIとは」「DXの定義とは」、そしてその潜在能力を理解することが、成功への第一歩です。


DXコンサルタントは海外一択!?

盲点になりがちなのは、日本ではDXコンサルタントの費用が高いというイメージがありますが、これは日本国内の先端AI技術や専門コンサルタントの希少性に起因します。価格が高い割に、古い提案になりがちです。しかし、ルービックスでは海外サービスに注目し、グローバルな視点からのコンサルティングを提供しています。


結論:DXの波に乗り遅れてはいけない!

DXはビジネスの舞台で大きな注目を集めています。株式会社ルービックスは、ChatGPTやその他のAI技術を駆使して、日本企業がこの波に乗り遅れないよう支援します。私たちと共に、未来への一歩を踏み出しましょう。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page