top of page

【要点のみ】GPT-4o とは 利用方法と使い方も

更新日:5月17日

GPT-4oの登場

OpenAIは2024年5月13日に新たなフラッグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。oは「omnimodal(全方向対応)」の意味で、「オー」と発音します。このモデルは、音声、視覚、テキストの入力をリアルタイムで処理し、出力することができます。


主な特徴と能力

 

マルチモーダル対応

GPT-4oはテキスト、音声、画像の3つの異なる形式のデータを同時に処理する能力を持っています。


- テキスト:

文章やチャットメッセージなどの文字情報。


- 音声:

話し言葉を理解し、応答する能力。例えば、スマートスピーカーへの音声コマンド。


- 画像:

写真や絵などのビジュアルデータを認識し、解釈する能力。


音声入力に対する応答速度

GPT-4oは音声入力を非常に速く処理できます。音声で質問すると、平均して320ミリ秒(約0.32秒)で応答が返ってきます。これはほぼ瞬時に応答が得られる速さです。


 

コストとパフォーマンスの向上

GPT-4oは、以下の点で従来モデルより優れています:


- コストの削減:

GPT-4oのAPI使用料金は、GPT-4 Turboの半額です。同じ機能をより安く利用できます。


- 速度の向上:

GPT-4oは、GPT-4 Turboの2倍の速度で動作します。より迅速に結果が得られます。


- 非英語テキストでの性能向上:

英語以外の言語でも、GPT-4oは従来モデルよりも優れた性能を発揮します。


 

安全性と評価の向上

GPT-4oは、安全性を重視して設計されています。


- 安全性を重視した設計:

ユーザーのデータやプライバシーを保護するための安全対策が強化されています。


- 専門家による外部テスト:

多分野の専門家が機能と安全性をテストし、実用性と信頼性が確認されています。


 

GPT-4oの利用方法

GPT-4oを利用するには、以下の手順で進めます:


  1. OpenAIのGPT-4oの紹介ページにアクセスします。

  2. ページ内の「Try on ChatGPT」リンクをクリックします。

  3. OpenAIのアカウントでログイン、もしくは新規アカウントを作成します。

  4. ログイン後、GPT-4oを利用可能になります。


ChatGPTの無料プランおよびPlusプランで利用できます。開発者向けにはAPIも提供されており、詳細は公式ドキュメントを参照してください。


 

今後の利用ケース

GPT-4oは、ChatGPTの無料プランとPlusユーザーに順次提供されます。開発者向けには、APIを通じてテキストと画像機能が提供され、音声およびビデオ機能も近日中に一部パートナーに展開予定です。


ビジネスでの利用アイディア


- カスタマーサポート:

チャットボットがテキストと音声で迅速に対応し、画像も認識可能。多言語対応でグローバルな顧客にも即座に対応。



- 教育:

多言語学習アプリでのリアルタイム翻訳。音声や画像を用いたインタラクティブな教材作成。


- 医療:

音声入力で迅速な診療記録。画像分析による診断サポート。


- コンテンツ制作:

低コストで効率的なブログや記事の生成。マルチメディアプロジェクトでの活用。

これらのユースケースにより、様々な分野での効率化とコスト削減が期待できます。


以上、「ChatGPT-4o」の要約でした。参考になれば幸いです。

閲覧数:6,036回0件のコメント

Comments


bottom of page