top of page

AGI(人工知能)とは?「その概念と未来、そしてシンギュラリティ」とは?

人工一般知能(AGI)とは、Artificial General Intelligenceの略で、人間と同様に未知のタスクへの対応と解決策の見出し能力を備えたソフトウェアで、人間が行うことができる任意のタスクを実行することを目指しています。この定義は、コンピュータ科学者が目標達成能力で、心理学者が適応性や生存能力で定義するなど、分野によって多様です。


AGIは、特定のタスクに特化した弱いAIや狭義のAIとは異なります。例えば、IBMのワトソン・スーパーコンピューターや自動運転車などが狭義のAIです。AGIは、広範囲の知識と認知コンピューティング能力を有する理論上の知能システムとされ、その能力は理論的には人間と区別がつかないものとされていますが、現在はまだ科学フィクションの範疇です。


AGIシステムは、抽象的思考、背景知識、常識、原因と結果、移行学習などの能力を有するとされます。AI研究者は、AGIが多様な学習アルゴリズムを扱い、象徴システムを理解し、異なる種類の知識を使用し、信念体系やメタ認知を行う能力を持つことを予想しています。しかし、AGIが責任あるAIとなるかどうかは未定です。



AGIとAIの違いについて

AGIと現存するAIとの主な違いは、AGIが理論的には人間ができる任意のタスクを実行し、さまざまな知能を独立して示す能力にあります。現存するAIシステムは特定の問題タイプを解決するのに優れていますが、人間の脳の累積的な能力には達していません。

現代のAI使用例には、顧客サービスのチャットボット、音声アシスタント、レコメンデーションエンジン、ビジネスアナリティクスツール、画像認識アプリケーションなどがありますが、これらはすべて狭義のAIに属します。


AGIの未来は、多くの専門家がその実現可能性や望ましさに懐疑的ですが、一部の専門家は楽観的です。AGIの危険性を警告する学者がいる一方で、コンピュータが2029年までに人間レベルの知能を達成すると予測する人もいます。


テスラやスペースXを代表するイーロン・マスクは、2023年7月14日にツイッター(現:X)で、2029年までに完全な人工一般知能(AGI)の実現を予測しています。


彼のビジョンでは、AGIは単に高度な技術を超え、実際に興味深く、有用な存在となることを目指しています。この予測は、AI技術の進歩が今後数年間で大きな飛躍を遂げることを示唆しており、AGIの実現が人間の生活や社会に与える影響は計り知れないものとなるでしょう。


ソフトバンクグループの孫正義会長は2023年10月4日、人間の知能を超える人工一般知能(AGI)が「10年以内に実現する」と予測しています。彼はAGIが人類の英知を大幅に上回り、運輸、製薬、金融など多くの産業に影響を及ぼすと説明しました。


また、ソフトバンクグループは世界で最もAIを活用する企業グループになることを目指しており、社員向けのAIコンテストを開催し、数多くの特許を出願しています。一方で孫氏は、AIは核爆弾よりも危険な可能性があるため、適切な規制が必要だと強調しています。


シンギュラリティとは?

特に重要な概念が「シンギュラリティ」です。これは、AIの進化が一定の点を超えると、人間の理解や制御を超えて自己進化を開始し、人類の歴史において前例のない変革をもたらすという理論です。AGIはこのシンギュラリティの到来に大きく寄与するとされています。

2022年、創発的なAIの進化により、私たちのビジョンは現実に近づきましたが、完全な自律型AGIにはまだ到達していません。人間の監視は、誤った情報やデマを生成する傾向のあるツールの潜在的な害を軽減するために必要です。この分野のさらなる進歩は、AGIとシンギュラリティに向けた重要な一歩です。



まとめ

短期的には、経済活動におけるAIの活用方法に関する議論が中心となるでしょう。しかし、中長期的に見ると、シンギュラリティに代表されるような加速度的に発達するAIは、資本主義の概念を根本から変える可能性があります。全てが自動化・最適化されることにより、人間の経済活動は不要になるかもしれません。そのような極限まで効率化された社会において、人間はどのような行動を取るべきか、また、過去の歴史を振り返りながら、取り返しのつかない事態を防ぐための対策を考える必要があるかもしれません。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page