top of page

Google Gemini Ai Ultra1.0が発表!使い方と注意点

更新日:2月13日


最新情報の概要

米国Googleは2024年2月8日、同社最高性能のAIモデル「Gemini Ultra」の提供開始と、同社製品への搭載を発表しました。これに伴い、対話型AIサービスの名称を従来の「Bard」から「Gemini」に変更し、生成AIモデルとサービスの名称を統一します。



ジェミニ ウルトラ日本語版はいつから?

ジェミニは今日から米国内のAndroidとiOS端末で英語版が利用開始され、来週からは日本語と韓国語版も利用可能になります。その後も、さらに多くの国と言語での提供が予定されています。


ジェミニ アドバンスド - Ultra1.0 の違い

最新のAIモデル「ジェミニ ウルトラ」は、Google製品群、特にGoogle検索、Google Cloud、Google Workspace、そしてGoogle Oneサブスクリプションサービスを強化します。ジェミニ ウルトラは57の科目で人間の専門家を上回るパフォーマンスを示し、Google製品に組み込まれます。対話型AI「Bard」は「ジェミニ」に名称変更され、40言語で利用可能になり、特定の機能はGoogle One AI Premiumプラン加入者向けに提供されます。この進化は、日々の製品使用を通じて、開発者と企業のイノベーションを支援することを目的としています。


さっそく無料版のジェミニを利用しよう!設定に注意!

会社でGoogle Workspaceを利用している方は、デフォルト設定で早期アクセスアプリが利用できない可能性がありますので、ご注意ください。利用を開始する前に、特定のユーザーに設定を適用するためには、対象のユーザーアカウントを組織部門に追加するか(部門別に設定する場合)、設定グループに追加する必要があります(部門を越えてユーザーアクセスを管理する場合)。


Google管理コンソール(admin.google.com)で以下の手順を実行してください。

  1. メニューアイコン > [アプリ] > [その他のGoogleサービス]に進みます。

  2. すべてのサービスのリストから、下にスクロールして「早期アクセスアプリ」をクリックします。これにより、「早期アクセスアプリの設定」ページが開きます。

  3. 「早期アクセスアプリの設定」ページで、「サービスのステータス」を選択します。

  4. 組織内のすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、「オン(すべてのユーザー)」または「オフ(すべてのユーザー)」を選択し、「保存」をクリックします。

注意事項(プライバシーポリシー)

ジェミニ アプリの品質向上と製品改善のため、人間のレビューアーが会話を読み、注釈を付け、処理します。このプロセスではプライバシーを守るための措置が講じられており、レビュー前にGoogleアカウントから会話を切り離します。機密情報やレビューアーに見せたくないデータは入力しないようにしてください。会社で使用許可を出す場合は、デジタルリテラシーを有した人間が管理する必要があります。


ChatGPTとGeminiの比較(文章の要約対決)してみた

ChatGPTとGeminiに違いはあるのでしょうか。現時点での性能は常に更新されるため、この比較は参考程度にしてください。また、生成AIは異なる回答をすることがあり、複数回試すと異なる結果が得られることも注意です。


両者の回答には違いがあり、Geminiも高いレベルで活用できると感じました。定期的に両方を使用することで、さらに多くのアイデアを得ることができるでしょう。高性能なAIを2つ持つことは、新しいアイディアを考える上で非常に有益です。


ChatGPTに「本記事を要約して」
google Gemini による要約

みなさんはどちらの回答が好きですか?


投票

  • ChatGPT

  • Gemini



まとめ

Googleの「ジェミニ ウルトラ」の発表はAI技術の新たなマイルストーンを示しています。この最先端モデルは、言語処理能力を新たな高みに引き上げ、Google製品群に革新的な機能をもたらします。利用可能な設定の適切な管理と、プライバシー保護のための注意点を理解することが重要です。また、ChatGPTとGeminiの比較は、どちらも価値あるツールであり、使い分けによってさらなる創造性と効率性を実現できることを示唆しています。AIの進化は止まらず、その可能性を最大限に活用するには、継続的な学習と適応が求められます。

閲覧数:99回0件のコメント

Comments


bottom of page